ハマサンス コンプリートライフ

ハマサンスは遊ぶ。一人で、または家族と。そんな日常を綴りっちっちー。

我が家の虫対策

我が家の虫対策

4月の中頃から徐々に家の中で虫を見るようになった。

見ていて気持ちの良い虫ではない。

 

「ゴキブリ」と「蚊」だ。

 

今回のこの2匹に対して我が家で行っている対策を紹介。

 

ゴキブリ対策の話

3月に我が家で「ムカデ」を見つけた。大きいやつ。3年ぶりぐらいにムカデの侵入を許したしまった。家族や自分が噛まれては大変だ。すぐにほうきで家の外に追い出し庭でやっつけた。

 

よく「ムカデを見つけたら“つがい”でいる」なんて言葉を聞いたことがある。ネットで調べると、それは迷信だそうだ。よかった。

 

で、『ゴキブリ対策』なのに、ムカデの話から始めたが、ムカデはゴキブリが大好物らしくゴキブリが多く出る家はムカデまでもおびき寄せてしまうのだという。

 

冗談ではない。ゴキブリだけでも非常に不快なのにそのうえムカデの脅威にさらされては、安心して夜も眠れないじゃないか。

 

僕はムカデに噛まれたことはないが、噛まれた時に「病院で点滴を受ける」と
「シャワーで患部を温め続ける」の2種類の対応をした方々を知っている。

 

たいてい、ひどく腫れるので病院へ行くのが一般的に思うが、「シャワー」をした方によれば、シャワーで温め続けていると腫れがひどくならずに済んだとのことだった。

 

まあ、そんなムカデを寄り付かせないために、ゴキブリの対策は重要なのである。

 

僕たち一家がこの家に住みだしたのは4年以上前だ。もともとは祖父母の家だったが二人とも亡くなり、空き家状態だったのを当時アパート暮らしだった自分らに「住んでみたら?」と親たちに言われ住むことにした。

 

祖父母がなくなり1年弱くらいたっていて、それなりに家の中は汚れていた。

 

家は人が住まなくなるとどんどん悪くなると、どんどん悪くなると聞いたことがあるが、本当そうなんだなあと感じた。

 

住み始めた当初は家の中をゴキブリやムカデが大手を振って登場。僕たちをたいそう悩ませた。そこで、嫁の母が持ってきてくれたものがタニサケの『ゴキブリキャップ』というものだった。通称「ゴキブリダンゴ」。

 

「へえ、こんなものがあるんだ」とゴキブリキャップを子供の手の届かないようなところになるべく多く配置した。

 

ゴキブリホイホイしか知らない僕にとっては、「本当にこんなものが効くのかな」と
やや半信半疑ではあった。

 

結果、効果は絶大でそれから2年ほどは、ほとんどと言ってもいいぐらいゴキブリは見なくなった。それに伴いムカデも姿を消した。

 

我が家に平和が訪れたかのように見えたが、昨年ぐらいから小さなゴキブリをたくさん家の中で見かけるようになった。どうやら、ゴキブリが我が家のどこかで卵を産んだらしい。それが孵化しているのが出現頻度から容易に感じ取れた。

 

さっそく、ゴキブリ駆除のための設置型キャップを購入。今度はタニサケのものではなく、他社のものを使ってみたが、ほとんど効果は感じられず。でもせっかく買ったんだからと辛抱してそれから1年。

 

今年の4月ごろから、徐々に見かけるようになり、再びタニサケの『ゴキブリキャップ』を設置した。今度は同時にゴキブリホイホイも併せて設置。

 

またまた、効果絶大。

しかし、ゴキブリホイホイには1匹もかかっていない。ゴキブリキャップの威力だけで我が家のゴキブリを退散させてしまったのだろうか?

 

タニサケの『ゴキブリキャップ』おそるべし。

 

効果は約1年から1年半年くらい。だから来年の夏以降にゴキブリキャップを新しいものに設置し直そうと思っている。

 

ゴキブリに悩んでいる方、タニサケの『ゴキブリキャップ』いいかもですよ~。

 

タニサケ ゴキブリキャップ 15個入

タニサケ ゴキブリキャップ 15個入

 

蚊対策の話

うちの家の中は蚊も多い。寝るときに耳の回りにブンブンとうるさく飛び回ってはこちらの安眠を妨害。血ぐらいくれてやるから、静かに眠らせてくれと言いたくなってくる。

 

この家に住みだした当時、子供は一人だけだったので布団を敷いた総面積は広くなかった。大体4畳くらい。

そこで、またまた嫁の親から勧められたのが、なんと『蚊帳』である。

 

田舎育ちの自分でも蚊帳というのは親父の実家でしか見たことがなかった。

 

せっかくいただいたので、実際に蚊帳を広げて吊り上げてみた。

やはり物理的に有効なので、蚊による安眠妨害は完璧に防げた。と同時にこの“蚊帳を吊って寝る”という生活スタイルを気に入ってもいた。
なかなか風情があっていいものだ。

 

そして、時は流れて今現在家族は6人。座敷に布団を並べて寝ているが、広範囲なうえに子供たちが夜中に暴れまわる。とても蚊帳なんか吊ってられなくなった。

 

そこで、蚊の防止剤を検討することになった。

子どもたちがコンセントを抜いたり、口に入れてはいけないため蚊取り線香系の防止剤は、床に置けなかった。

 

スプレータイプのものがあり、部屋にシュッと一吹きするだけで蚊を部屋から追い出してくれる優れものもあったが、子供たちがよくのどを痛めて咳をしていたため、影響を疑い敬遠するようになった。本当に喉に悪いかはわかんないけど。

 

そこで見つけたのが『どこでもベープ』

コンセントを必要とせず、子供の手の届かないところに設置できるのでありがたかった。また、効果も大きくこれを点けている間は寝ているときに蚊が耳元に飛んでくることもほとんどなかったように思う。

 

少し音はするけど、蚊と比べれば全然我慢できる。今年の夏もお世話になるだろう。

小さなお子さんのいる家では適したものではないだろうか。

 

どこでもベープ 蚊取り器 120日セット シルバー 本体+取替

どこでもベープ 蚊取り器 120日セット シルバー 本体+取替

 

 蚊であったり、部屋の温度、湿度なんかもそうだが、夜寝る環境設定だけでもいろいろ工夫を求められるようになった。

 

この記事を読んでいる方で、もしゴキブリや蚊に悩まされている方がおられたら、何かの参考になれば幸いである。