ハマサンス コンプリートライフ

ハマサンスは遊ぶ。一人で、または家族と。そんな日常をただただ綴る。

夏休み…子供にチャレンジゲームを作ったぞ

「真夏の木漏れ日真夏の木漏れ日」のフリー写真素材を拡大

 

あ~夏休み~♬

小学校も幼稚園も夏休みが始まった!

 

そう、わたくしハマサンスの子供たちも夏休み突入なのである!

 

もちろん、幼稚園、小学校ともに課題チックなものが出されているのだが、
我が家では、夏休みになるともう一つの課題ゲームが特に長男に襲ってくる!

 

それは・・・

 

 

『夏の冒険、7個の指令をクリアせよ!』だ~!!

これはどういうものかと言うと、
長男が自宅でできる課題を7つ設定しており、その7つすべての課題をクリアすると
宝(ご褒美)が手に入るという、まあいわゆるゲーム仕立てにした宿題なのだ!

 

パソコンのワードで一つずつの課題を描いたものを作り、長男にそれを渡す。

長男はどの課題に挑戦するかを選択でき、挑戦するときには親に申告する。

 

見事クリアできればその紙に合格シールを貼っていって、7つすべてクリアするのを
目指していくのだ。

 

長男はこの課題が描かれた紙にシールが貼られることに達成感を感じるのか、夢中でチャレンジに没頭する。

 

 

ちなみに以下の内容が今年の夏休みの7つの課題の全容である。

 

①鉄棒で逆上がり4回連続

長男は鉄棒が苦手である。逆上がりが出来ないのであるがここ一番(報酬がかかった時)になると、ほぼ逆上がりが何度でもできるようになる。

一応今回もそのほしいもの欲しさに発揮する馬鹿力を見たいため設定した。

 

②ブリッジで部屋の中を移動

長男はブリッジで移動ができる。体操クラブに通っているのだが、最近上手に移動できるようになってきた。この課題もすぐに突破させるだろうが、7つの中にはこういう、本人が「これならすぐいける!」と思う難易度のものを少数入れておくこともゲーム全体のバランスを考えると大事なのだ。

 

③逆立ち10秒保持を3回

タンスなどに足を点けてそのまま逆立ちの状態を10秒保持するのだ。それを3回。

これも比較的すぐにできそうな課題。

 

④側転をきれいに着地

これも体操クラブで行っている運動の一つなのだが、今一つ長男は側転が苦手である。
それでも、少しずつマシになってきてはいるので、きれいに側転したときに着地できるようになればクリアとみなす。判定はわたくしハマサンスが行う。

 

⑤妹たちと3人でボールお落とさないようにキャッチ

長男と双子の妹(4歳)の3人でソフトバレーボールを一定の距離で互いに投げ合ってキャッチしていく。全員が一通りできるまで1階でも落としてはダメなルールで行っている。
失敗しても妹たちのモチベーションを保たせようとする長男の気配りも必要とされる
7つの課題の中では、唯一のチームプレーとなる課題である。

 

⑥漢字テスト

長男は漢字が得意ではあるが、一応得意分野も入れて、チャレンジの幅を広げている。

漢字はすでに習っているものから出題する。

 

⑦九九を覚える。

九九の暗唱をしてもらう。おそらくこれが長男にとっては一番きつい。学校でもまだ習っていないらしいから、予習効果を狙っての課題だ。
手助けとして九九の一覧が載っている下敷きを買い与えている。さて長男は九九を覚える事が出来るか?

 

と、以上7つの課題の紹介をした。

 

もちろん学校が出している宿題もやっていかなければならないが、7つのチャレンジゲームの方は報酬もあるため、モチベーションはこちらに傾きがちかもしれない。

 

幸いうちの長男は親に似ず、夏休みの宿題は初めの方できちっと終わらせる性格のようである。心配はいらない。たぶん。

 

さて、子供にとっては楽しい夏休み!

このチャレンジゲームをクリアして成長しよう!

 

ちなみに、今回のクリア後のご褒美は今長男がしているゲームの攻略本である。

 

今回はここまで。

ありがとうございました!