ハマサンス コンプリートライフ

ハマサンスは遊ぶ。一人で、または家族と。そんな日常を綴りっちっちー。

北九州いのちのたび博物館へ

f:id:hamasansu:20180407110046j:plain

長男と北九州のいのちのたび博物館へ行きました!

 

駐車場を降りると、まず目に飛び込んできたのは、

スペースワールドの観覧車!

f:id:hamasansu:20180407110228j:plain

 

クレーン車が観覧車の解体作業を行っている。

息子と乗ったことあるだけに、なんか寂しい。

 

桜も散りはじめ、寂しさに拍車をかける。

としばし、骨組みの観覧車を眺めた後、

 

気を取り直していのちのたび博物館へ。

 

入場券を買って息子と冒険の旅だ!

 

いつもは恐竜の骨を展示している場所へ真っ先に向かうのだが、

今、ちょうど「ボーンズ」という、大小さまざまな生き物の骨を展示してあった。

f:id:hamasansu:20180407111201j:plain

 

ゾウやキリンの骨からニシキヘビの骨、また猫やネズミなど小さい生き物の骨までズラリとあって、恐竜様の登場の前座を務めていた。

でも、段階的にいきなり超巨大生物の恐竜を見るよりもこういう段取りがあっても比較物として見れるし、いいのではないかと思った。

 

んで、いよいよ、恐竜様の展示へ。

出迎えてくれたのは、いきなり最強の肉食恐竜「ティラノザウルス」だ!

 

f:id:hamasansu:20180407112218j:plain

でっかーい!こんなの勝てるわけない。武井壮さんと協力して現実的かつ堅実的に戦わねば勝利は難しい。

 

そのほかの首長竜もでかでかでかーい。

f:id:hamasansu:20180407114650j:plain

 

完全に舐めてた空飛ぶプテラノドンですら やっぱでかーい。

 

息子が唯一知っている恐竜の名前は「トリケラトプス」。

大好きな本の『ホネホネザウルス』シリーズで登場するらしい。

とにもかくにも、でかいホネホネザウルスたちに息子も興奮!

連れてきてよかった!

 

てっきり、生物の化石だけかと思ったが、意外と

縄文時代の資料から江戸、明治の炭鉱産業の様子など

本当に時代をスクロールしたような内容でボリューム満点。

スタンプラリーもたくさんあって、見るべきものもたくさんあったように感じた。

 

子どもと一緒だったのでかなり駆け足で見て回ったが、

大人だけで見て回っても、とても楽しめる内容だなあと感じた。

 

今度はひとりでゆっくり、半日くらいかけてみてもいいなと思った博物館でした。