ハマサンス コンプリートライフ

ハマサンスは遊ぶ。一人で、または家族と。そんな日常を綴りっちっちー。

これが言えたらプロレスファン?プロレス用語紹介その3

みなさま

こんにちは。こんばんわ。

ハマサンスです。

 

またまた、プロレス用語のご紹介コーナー第3弾でございます。どうぞこの独りよがりな記事にお付き合いください。

では、今日もおくつかご紹介します!

 

①    アイアン・フィンガー・フロム・ヘル

 

新日本プロレスのヒールレスラー飯塚高史選手が使う凶器です。専用のポシェットがあります。飯塚選手は以前はちょっと控えめな優しい人柄な印象でしたが、いまでは、その面影は全くありません。これほどのイメージチェンジを果たして、なお定着し続けているレスラーは、他にいない気がします。

 

いつか、深夜番組でケンドー・コバヤシさんが女性プロボウラーの人とボウリングへ行く企画があって、その時に女性プロボウラーが自身の手にオープンフィンガーグローブを装着しているときに、「飯塚選手みたい」と表現していたのが、おかしくて堪りませんでした。

 

あの、アイアン・フィンガー・フロム・ヘルもアルミホイルを使って手作りで何とか作れないかなあ。お子さんの夏休みの工作にどうですか?なんちて。

 

②    舌だし失神事件

 

198362日 IWGPリーグ決勝戦 アントニオ猪木VSハルク・ホーガンでの出来事。場外戦の時にホーガンの必殺技アックスボンバーを背後からくらって、そのまま前方のコーナーへ激突。リングアウトのカウントが進み、何とかエプロンまで登った猪木に対して再びホーガンのアックスボンバーがロープ越しに炸裂。場外に落とされた猪木は舌を出して失神状態になりました。ホーガンの勝利となりリング上ではホーガンが喜びを爆発させていましたが、猪木さんの方は状態が深刻だったためリング外は騒然としていました。

当時中学3年生の鈴木みのる選手は、この試合を見て悔しくて、「俺がプロレスラーになってホーガンを倒してやる」と言っていたそうな。

今も語られる、有名な『猪木、舌だし失神事件』です。猪木さん、あるいはハルク・ホーガンさんの話になると、必ず1回はこの話題が出てくるのではないでしょうか。

 

 

③    パイルドライバー

 

自分の両足で相手の首を挟み込み、マットに突き刺す技です。このパイルドライバーはたくさんの名手がいると思われますが、今現役で超必殺技の完成度を誇るのが②舌だし失神事件の項でも出ました鈴木みのる選手です。

 

鈴木選手のパイルドライバーはゴッチ式パイルドライバーと言って術者が相手の股に両腕をかけて仕掛けるのがゴッチ流とのことです。

 

鈴木選手の著書『プロレスで〈自由〉になる方法』の中に鈴木選手の「パイルドライバー」に対するコメントがありました。それによると、だいたい200キログラムまではこの技を仕掛けられるようで、実際に当時205キロの浜亮太選手に試合で使ったことがあるそうです。また、練習の時には曙選手を持ち上げれたそうです。曙選手は逆さに持ち挙げられたことなんかないから、あわてて「降ろして!」と連呼したそうです。

脱線しますが、この鈴木みのる選手、「ハマサンス」が今見ているレスラーの中でかなり好きなレスラーの一人でもあります。鈴木みのる選手の場合試合で勝とうが負けようが、その後のストーリーが気になるので、それまでの生き様がそういう見ている人にとって期待値を膨らましているのだと思います。

 

話を戻しまして、パイルドライバーという技は、いろいろな選手によって形があります。有名どころでは天山広吉選手の「TTD」、蝶野正洋選手の「ジャンピングパイルドライバー」、ジ・アンダー・テイカー選手の「ツームストーン・パイル・ドライバー」などがあります。またアンドレ・ザ・ジャイアントの「ツームストーン・パイル・ドライバー」相手を負傷させてしまうほどの禁断の技です。現在でもオカダ・カズチカ選手をはじめ、多数のレスラーが使用している技です。

それぞれの技を深く話せば長くなりますのでこの辺で締めたいと思います。

 

本日はこの辺で。最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

※『プロレスで〈自由〉になる方法』は鈴木みのる選手が気になるって方にとっては、とても楽しい本だと思います。高山善廣選手や天龍源一郎選手との対談もあり、ファンにとっては最高の内容になっています。鈴木みのる選手やプロレスが好きな方は是非読んでみてください!

 

プロレスで〈自由〉になる方法

プロレスで〈自由〉になる方法